*

わずか1銭

「スプレッド」とは外為取引は二国間の通貨をトレードして儲けを生む商取引です。

 

取引の値は、常に動いています。

 

これが為替です。

 

ラジオを聞いていると、為替相場の話題が流れる状況があります。

 

例としてあげると、「マーケットは80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

それは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事を示しているのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを表示しています。

 

別の表現をすると売り買いには買いと売りの両方の価格があるという事です。

 

売値のことをビット、買値の事をアスクと表している取引業者も存在しています。

 

いつもは売値のほうが買値よりも安価に設定されるものです。

 

自分が買値は高く、売値は低くなっています。

 

その差分をスプレッドといい、FX業者の収益となっています。

 

スプレッドの差はFX取引会社によって異なります。

 

スプレッドの差は利用者にとって支出となるので小さい取引業者を選んだほうが有利です。

 

ただ、場面に応じてスプレッド幅は変動します。

 

仮定として通常はドルと円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッド幅であっても市場の変動がかなり激しい場合には大きくなります。

 

という訳で、スプレッドの幅が狭いのと合わせて、変化が少ないということが大切です。

 

現在では固定でスプレッド幅を表示する取引業者もたくさんあったりします。

 

実際にFX取引会社の売り買い画面上でリアルな為替相場をチェックしなければ見分けられないので面倒くさいですが、不可欠な事です。

 

大事な資金を投入して取引をしますので、リアルなエントリーの前に気になるFX業者の新規口座開設を全てして表示されているスプレッドの幅を知っておきましょう。

 

同じ通貨のペアでもそのタイミングの外国為替市場のボラティリティによってスプレッドは変化します。

 

普通は、インターバンク市場で取引高が多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドが小さく残りの外貨ではスプレッドの差が広がる事があります。

 



コメントする